自動車重量税 用途

自動車重量税の用途について

自動車重量税は一体何に使われているのか?

 

疑問なところはありますよね。

 

自動車重量税に関してはその大半は、道路財源になるのだそうです。

 

自動車重量税は国税であり、国に一旦全てが納められrます。そして、自動車重量税の一部が自動車重量譲与税法に基づき、地方へ道路財源として譲与されます。

 

具体的に説明すると、道路を作ったり整備するお金に使われているということになります。

 

同然の話ですが、国道であれば国の予算から、県道以下であれば自治体の予算から出るという訳です。

 

その財源の一つがこの自動車重量税ということになります。

 

ただし自動車重量税の用途が不透明であるという批判が時々なされることがあります。

 

現在では道路公団を民営化したりしているのですが、道路に関しては無くてはならないものとは言え、未だに無駄な高速道路を作ったりと中身が複雑でハッキリしないことが多いです。

 

一般的には理解できないことが多く、調べるのも骨が要ります。
こういった理由から多くの方々はまあ、いっかということでほとんど関心が持たれることはありません(^o^;)

 

まあ正直、仕方ないです。調べても出てこないことが多すぎ?

 

【スポンサードリンク】

 

自動車重量税は一部上がっている

自動車重量税に関しては一部値上げになっています。

 

最も所有者が多い乗用車の13年未満の区分にあたる自動車重量税が何故か消費税分平成26年時に上げられています(^_^;)

 

余り批判などをする意図は無いのですが調べれば調べる程、何か変だなという話が多いです。

 

一方、最近の流れでいきますと、新車購入に関しては税制がとても有利になっています。

 

エコカー減免で自動車重量税が無し!ということも車種によってはありますので、こういった制度を利用するのは良いでしょう。

 

軽自動車においてもエコカーは多いですので、そこも安心して購入できる部分です。

 

そして残念なことと言えば13年を超える旧車に関しては、自動車税、自動車重量税共にかなり上げられている点です。

 

確かに古い車ですと環境基準は低いのですが、それを買い替えを促すことが果たして正しいのか?

 

やや疑問に思いますね。

 

旧車でも大事に乗っている方は多いので、新しい車を買っては売ってを繰り返す方が余程環境に悪いことだと個人的には思います。

 

排ガスは確かに新しい車の方が環境に良いですが、そもそも資源は限り有りますので大量消費の時代はすでに終わっているということは政府も分かっている筈ですが…?

◎自動車保険が半額に!?

私が以前に、保険の一括見積もりをしたところ、
年間4万円近く払っていた保険料が2万円以下になりました。

もちろん任意保険を乗り換えました(^O^;)

ところで、あなたの保険料高過ぎではありませんか?

最大20社の一括見積もりです。
※見積もり結果はメールからのみでしたので後でいろいろ電話が掛かって来るということはありませんでした(念のため)

自動車保険一括見積もり

一括見積もりできる保険会社です