自動車取得税とは

自動車取得税とは何か?

自動車取得税とは自動車を購入する場合に発生する取得に対する税金です。

 

具体的な税額についてはこちらで紹介しています。

 

自動車取得税に関しても税額を計算するとなると、非常に分かりづらいものがあります。自動車屋さんから教えてもらった方が話は早いです。

 

自動車取得税の中身

この自動車取得税とは1968年に創設された地方です。

 

地方税で各都道府県に納付することになります。
そして納付された後に都道府県から市町村へ配分されるという仕組みになっています。

 

当初は目的税としてこの自動車取得税が根拠があったのですが、2009年に普通税になりその意義が失われています。

 

【スポンサードリンク】

 

自動車取得税は何に使われている?

自動車取得税は当初は目的税で、用途はもちろん道路財源になっていました。

 

各都道府県で道路を作ったり、またそれに関わる費用に充てていたということになります。

 

しかし2009年に普通税になり、用途が限定されないものになりました。

それに伴いこの自動車取得税の根拠が失われて簡単に説明すると存在している理由がなくなったと言えます。

 

また取得税以外にも消費税が発生しますし、いわゆる二重課税になっているのです。

 

実はかなり問題視されている税金で今後は廃止されることが決定されています。

 

【スポンサードリンク】

 

自動車取得税は消費税10%で廃止に

自動車取得税はすでに廃止することが決定されています。

 

ただし消費税が10%に増税された時ということになっていますので手放しでは喜べないところはあります。

 

結局これから消費税が2%上がりますので、私達が払う税額は取得に関しては変わらないということになります。

 

ですから廃止されるのはすでに根拠を失っている訳で当然であり、まだ残存しているのがおかしいと解釈した方が良いです。

 

古い税制のまま現在まで来ていますので、いろいろと自動車の税金に関しては問題が多いという側面はあると思います。

◎自動車保険が半額に!?

私が以前に、保険の一括見積もりをしたところ、
年間4万円近く払っていた保険料が2万円以下になりました。

もちろん任意保険を乗り換えました(^O^;)

ところで、あなたの保険料高過ぎではありませんか?

最大20社の一括見積もりです。
※見積もり結果はメールからのみでしたので後でいろいろ電話が掛かって来るということはありませんでした(念のため)

自動車保険一括見積もり

一括見積もりできる保険会社です