自動車税 減免

自動車税が減免されるケース

自動車税は必ず払わないといけないものですが、減免されるケースがあります。

 

それは心身に障害がある方である場合です。

 

その詳細についてはこちら参考になると思います。

 

全ての都道府県のHPにその内容は記載されていると思いますので、ご自分の住んでいる都道府県のHPを参照するのが最も良いでしょう。

 

ただ、役所のHPは探すのが大変なんですけどね(^_^;)

 

ただし普通自動車の場合は都道府県へ、軽自動車(バイク含む)の場合は市町村です。

 

障害の等級によってはこの減免が受けられるか分かりませんので、それについては各地方自治体へ直接聞いた方が良いです。

 

また減免については0円ということになります。

 

免除ですから、これは助かりますね(^^)

 

【スポンサードリンク】

 

減免の自動車の条件について

自動車税の減免の条件としては、障害のある方が運転する自動車、或いは同じ住所に住んでいる家族がその障害のある方を介護するために使っている自家用車になります。

 

法人の商用車の場合は自動車税は減免されません。

 

個人所有の普通の自家用車であれば障害の状況にもよりますが、減免になる可能性はあります。

 

ただ、

利用目的が、障害者本人の通院、通所、通学などにもっぱら使用されること

という条件があるのですが、ここは役所の方が確認するところになるので申請する際に証明書が求められるという形になるかもしれません。

 

また自動車税だけではなく、自動車取得税も対象になっているので併せて申請できる場合もあるでしょう。(例えば障害の介護のために新しく車を購入する場合です)

 

後は自動車重量税になりますがこちらはどうも減免の対象にはならないようです。
ちなみに自動車重量税は国税ということで、そこがネックになっているのでしょうか?

 

若干不可思議な部分ですね。

 

【スポンサードリンク】

 

その他にはエコカー特例があります

その他にはエコカー減税による減免があります。

 

こちらはエコカーの基準によって減免が100%、75%、50%などというように段階が設けられています。

 

また大事なこととしては、自動車取得税、自動車重量税は完全に減免になるケースが多いということです。

 

そして自動車税は軽減までです。

 

例えば、最近の新車であれば、ハイブリッドカーでなくても自動車取得税、自動車重量税は100%減免が多いです。

 

しかし自動車税に関してはハイブリッドカーでも75%減額という形です。

 

まあ、それだけ減額されれば良いですが・・・(^_^;)

 

新車を購入する場合はこのエコカー減税は非常に有難いものです。

 

また中古車に関してもその車種がエコカー減税対象であれば、購入した場合には減免の対象になります。

 

詳しくは自動車を購入する時にお店に聞くなどして欲しいと思います。(或いはメーカーなど)

◎自動車保険が半額に!?

私が以前に、保険の一括見積もりをしたところ、
年間4万円近く払っていた保険料が2万円以下になりました。

もちろん任意保険を乗り換えました(^O^;)

ところで、あなたの保険料高過ぎではありませんか?

最大20社の一括見積もりです。
※見積もり結果はメールからのみでしたので後でいろいろ電話が掛かって来るということはありませんでした(念のため)

自動車保険一括見積もり

一括見積もりできる保険会社です