自動車税一覧

自動車税の一覧はこちらから

自動車税は自動車毎に違ってきます。

 

そして自動車税は、自家用車か営業用車かで違ってきます。
普通は自家用車で所有されている方がほとんどだと思いますので、自家用車の普通車からです。

 

【自家用車・普通車・自動車税一覧】

排気量 自動車税 13年経過時
1000cc以下

29,500円

34,000円

1000~1500cc以下

34,500円

40.000円

1500~2000cc以下

39,500円

45,500円

2000~2500cc以下

45,000円

52,000円

2500~3000cc以下

51.000円

59,000円

3000~3500cc以下

58,000円

67,000円

3500~4000cc以下

66,500円

76,500円

4000~4500cc以下

76,500円

88,000円

4500~6000cc以下

88,000円

101,500円

6000cc以上

111,000円

128.000円


さて一番右の赤字で示した数字は登録から13年経過した古い車の場合の自動車税です。

13年経過したガソリン車の場合は税金が上がります。

 

ディーゼル車の場合は11年経過で上記の自動車税になります。

 

また軽自動車税は別になりますので以下から説明します。
税制が根本的に違いますので、分けて考えた方が良いです。

【スポンサードリンク】

軽自動車税の場合

【軽自動車税一覧・自家用車】

4ナンバー

4,000円

5,000円

5ナンバー

7,200円

10,800円

 

軽自動車はご存知のように4ナンバーと5ナンバーに分かれます。
最近主流のワゴンタイプですと5ナンバーの軽自動車に区分されます。

 

そして軽自動車の場合は、新車の登録年数で税額が変わります。

不思議な話ですが、軽自動車の場合は新しい車ほど自動車税が高くなります。

 

新・・・2015年4月1日以降に登録した軽自動車

旧・・・2015年3月31日以前に登録した軽自動車

 

分かりますか?(^o^;)

 

「登録した」という意味は新車登録したということです。
ですから2015年4月1日以降に新しく出た車種の場合は必ず新しい税制が適用されるので多少自動車税が高くなります。

 

しかし普通車に比べると、軽自動車は税金がとても安いということになります。

例えば、5ナンバーの1000cc以下の普通車に乗っている人の場合の年間の自動車税は29,500円になります。ややこしいですが13年以上経っていれば34,000円。

 

それに対して5ナンバーの軽自動車ですと、7,200円か10800円になります。

 

1/3以下の場合もありますよね。ですから軽自動車が人気が高いという現状があると思います。もちろん自動車税だけではなく他の税も安いので経費が安く付くんですね。

 

簡単な比較でもとてもややこしい話になってしましますが、取り敢えずは自分の車の自動車税が分かっていれば良いと思われます。

 

また税額は知らなくても支払いの時期になると自宅に通知が送付されて来ますので、税額を知らなくても特に問題はないでしょう。

 

→次は自動車税の支払い時期についてです。

◎自動車保険が半額に!?

私が以前に、保険の一括見積もりをしたところ、
年間4万円近く払っていた保険料が2万円以下になりました。

もちろん任意保険を乗り換えました(^O^;)

ところで、あなたの保険料高過ぎではありませんか?

最大20社の一括見積もりです。
※見積もり結果はメールからのみでしたので後でいろいろ電話が掛かって来るということはありませんでした(念のため)

自動車保険一括見積もり

一括見積もりできる保険会社です