自動車税 クレジット

自動車税はクレジットカードでも対応している

これはインターネット上からクレジットカードで自動車税を決済できるということです。
※ただし、自治体によっては対応していない可能性有り

 

クレジットの場合は自分が住んでいる自治体のHPに行き、そこから手続きを行います。

 

ネットのクレジット決済の場合は24H対応ですので、自宅や出先からでもパソコン・スマホで払うことができます。

 

ただし、クレジットカードの場合は手数料が324円(税込)掛かるようですので、注意して下さい。

 

支払い方法は分割でということも可能のようです。

 

また軽自動車税の場合は都道府県ではなく、市町村が税を徴収しますので、クレジットカード対応していない市町村もあります。

 

大きい市町村ならば対応しているかもしれません。
軽自動車税の場合は自分の地域の市役所等のHPで調べるのが早いと思います。

 

またクレジット払いの場合は自治体が領収証書の発行をしないようなのでここも注意して下さい。

 

【スポンサードリンク】

 

自動車税はコンビニ払いが一番楽です

(自動車税を払うならコンビニが楽です。)

 

自動車税納税通知書が来たら、さっそく税金を払いに行きましょう。

 

この際に最も簡単な支払い方法はコンビニ払いです。

 

最寄りのコンビニに行き、取り扱いがあるお店ならばすぐに払えます。

 

全国展開しているコンビニであればどこでも自動車税を払うことができると思います。

 

地方限定のコンビニですと取り扱いがないかもしれません。

 

税金をコンビニで払うのは不安だと思われる方がもしかすると、いらっしゃるかもしれません。

 

しかし、コンビニで払ってもしっかりと納税証明書として領収書が出ますし特に心配は必要ありません。

 

実際に税金以外でもコンビニ払いを多数行っていますが今のところ、トラブルになったことは私の場合は一度もありません。

 

またコンビニ払いは手数料が一切掛かりません。

 

【スポンサードリンク】

 

金融機関でも当然取り扱います

後は基本ですが、金融機関でも取り扱いしています。
取り扱っている金融機関は自動車税納税通知書の裏に書いてあるのでそこをご覧ください。

 

また県税事務所というところでも支払い可能です。

 

これは各自治体の税を取り扱っている事務所です。
県庁所在地だけではなく、各地域に支所がありますので近くの支所に行きましょう。

 

ただコンビニの方が圧倒的に早いと思います(^o^;)

 

まとめますと支払い方法は以下になります。

 

  • コンビニ払い
  •  

  • 金融機関(銀行、信用金庫等)
  •  

  • 県税事務所(都税・府税・道税事務所)
  •  

  • クレジットカード(※自治体によっては取り扱いなし)
◎自動車保険が半額に!?

私が以前に、保険の一括見積もりをしたところ、
年間4万円近く払っていた保険料が2万円以下になりました。

もちろん任意保険を乗り換えました(^O^;)

ところで、あなたの保険料高過ぎではありませんか?

最大20社の一括見積もりです。
※見積もり結果はメールからのみでしたので後でいろいろ電話が掛かって来るということはありませんでした(念のため)

自動車保険一括見積もり

一括見積もりできる保険会社です