自動車税 廃車

廃車は自動車税が還付されます

自動車を廃車にする場合は自動車税をすでに払っていても月割で還付されます。

 

つまり払い過ぎた税金が戻ってくる仕組みになっています。

 

当然、黙っていても戻ってきませんので注意して下さい(^_^;)

 

また自動車税が戻ってくる場合は普通自動車の場合のみです。

 

軽自動車の場合は年間で一括払いのみですので、年の途中で廃車にしたとしてもお金は戻ってきません。

 

おかしいだろ!と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

ただ軽自動車の場合はその代わり、4月2日以降に購入した場合はその年の軽自動車税は免除される仕組みですので、上手にこの仕組みを生かして下さい。

 

還付を受けるには廃車手続きが必要!

自動車税の還付を受けるには自動車を廃車にしないといけません。

 

これが問題でしょう。

 

廃車手続きを自分でするとなるとかなり大変です。

 

【スポンサードリンク】

 

まずは必要書類を揃えて、次に車を解体業者に依頼して解体をしてもらうということになります。

 

そこではじめて陸運局で自動車の抹消手続きをします。

 

この時に必要書類を揃えておいたものを使うということになります。

 

またナンバープレートはこの時に陸運局に返却します。

 

必要書類を揃えたりするのに多少の費用が掛かったり、手間も煩雑です。

 

現在ですと車買取業者や廃車業者が多くありますので、全くの知識が無いまた時間が無い方は業者に依頼した方が早いです。

 

車買取業者に車を売却した場合は廃車ではないので自動車税は還付されません。

 

しかし、売却益が出ますのでそちらの方が高いのでは?と言えます。

 

また廃車業者に依頼した場合は廃車になりますので、自動車税は還付されます。

 

【スポンサードリンク】

 

自動車を廃車したのが確認されると…

自分でも業者依頼でもいいんですが、廃車をしてそれが陸運局から確認されれば「還付通知書」というものが所定の住所に送付されます。

 

ここでやっと税金が還付されるという段階になります。

 

還付の場合は金融機関の口座指定をすることになります。

 

国税庁のHPにある通り、金融機関を指定するか自分でゆうちょ銀行に出向いて受け取るかを選べるということになります。

 

尚、自動車税が還付される期間は廃車手続きが終わってから2ヶ月くらいはかかるようです。

 

そしてこの間にその他の税金の滞納が無いか調査され、滞納があった場合はそれを差し引いて税金が還付されるという流れになっています。

 

いずれにせよかなり面倒なので私なら車買取に取り敢えずは売ることを考えます。

 

廃車手続きを業者に依頼する場合は廃車専門業者以外は逆に費用が発生するのでオススメできません。

 

ただ乗り換え時期がある場合はいろいろ日程調整が必要です。

 

廃車専門業者ですと今すぐ車が欲しいとか言われたりする場合もあるので、いきなり車がないみたいな状態にもなりかねませんよね。

◎自動車保険が半額に!?

私が以前に、保険の一括見積もりをしたところ、
年間4万円近く払っていた保険料が2万円以下になりました。

もちろん任意保険を乗り換えました(^O^;)

ところで、あなたの保険料高過ぎではありませんか?

最大20社の一括見積もりです。
※見積もり結果はメールからのみでしたので後でいろいろ電話が掛かって来るということはありませんでした(念のため)

自動車保険一括見積もり

一括見積もりできる保険会社です