軽自動車 自動車税 増税

軽自動車税の増税時期について

軽自動車税の増税はすでに正式に決定しています。

 

それは2015年4月1日以降に新車で登録した軽自動車に関しては、
軽自動車税が10,800円と5,000円になります。

 

中古車で2015年4月1日以降に購入した場合は旧来の税額が適用されます。

 

【4輪軽自動車税一覧(乗用車)】

軽自動車税

4ナンバー

4,000円

5,000円

5ナンバー

7,200円

10,800円

 

現在の乗用車の軽自動車の多くは5ナンバーです。
ですから、軽自動車税の増税は事実上、1.5倍ということになりました。

 

これは普通自動車との差を縮めようという公平さ強調しているところはあるのですが、それならば普通自動車の税額を下げればいいのではという意見もあるようです(^o^;)

 

当然かもしれませんね。

 

【スポンサードリンク】

 

そして13年経過した軽自動車は増税になります。

【軽自動車税・重課税率】

車種 ナンバー 用途 重課税率 旧税率
4輪 5ナンバー 自家用

12,900円

7,200円

4輪 5ナンバー 営業用

8,200円

5,500円

4輪 4ナンバー 自家用

6,000円

4,000円

4輪 4ナンバー 営業用

4,500円

3,000円

3輪 無し 無し

4,600円

3,100円

 

最初の新規検査から13 年を経過した四輪以上及び三輪の軽自動車に係る軽自動車税の標準税率を次のとおりとし、平成28 年度分以後の軽自動車税について適用する。

 

以上は平成26年度税制改正結果概要からです。※リンク先はpdf

 

とても分かりにくいんですが、平成28年以後からの軽自動車に関して適用されるんでしょうかね?(^o^;)
日本語として全く理解できません。

 

取り敢えずは13年経過した軽自動車に関しては、かなり軽自動車税が上がるということは事実のようです。
これも通知が来るので分かりますが、軽自動車税に関しては市町村が徴収していますので、市役所とかに問い合わせると教えてくれそうです。

 

軽自動車を所有してはいませんが、電話してみようかなと思いますのでまた後日です。

 

【スポンサードリンク】

 

軽自動車税の増税は迷走中?

どうも軽自動車の増税は二転三転あっったという感じです。

 

4輪の軽自動車に関しては増税がすでに確定しています。

 

これは覆ることはありません。

 

しかし景気が失速したことを受けて、エコカー減税を継続するということで軽自動車税も減免される見通しです。

 

ご存知のようにエコカー減税というのは新車購入に限られる制度ですから、2015年4月から軽自動車税が増税される訳ですが、4輪に関しても事実上の延期と言ってもよいでしょう。

 

また2輪のバイク軽自動車増税に関しては先送りとなっています。

 

結局政府としては増税を決定させたということがしたかったようです。

 

今すぐにでもというよりは恒久的な増税が目的でしょうから、その目的は達成されたということになります。

 

しかし景気が失速している中で増税というのは余りにも無謀だったようです。

◎自動車保険が半額に!?

私が以前に、保険の一括見積もりをしたところ、
年間4万円近く払っていた保険料が2万円以下になりました。

もちろん任意保険を乗り換えました(^O^;)

ところで、あなたの保険料高過ぎではありませんか?

最大20社の一括見積もりです。
※見積もり結果はメールからのみでしたので後でいろいろ電話が掛かって来るということはありませんでした(念のため)

自動車保険一括見積もり

一括見積もりできる保険会社です